買取期間満了後の運用についてAfter buy term expiry

HOME > 買取期間満了後の運用について

2019年11月以降、再生可能エネルギー固定価格買取制度(=FIT制度)
に基づく買取期間が順次満了を迎えます。

2009年にスタートした「固定価格買取制度」。余剰売電をしている住宅用太陽光発電設備のうち、2019年11月・12月には約53万件もの方が買取期間の満了を迎えるます。
それにより大きな混乱が起こるのではないかという懸念から「2019年問題」、「FIT切れ」、「卒FIT」、「アフターFIT」などの言葉が生まれました。
また、累積では2023年までに約165万件にものぼります。

「買取期間が終了したら自動的に0円買取になっちゃうの?
それとも何か準備が必要??」

先ずはご安心ください。売電契約先が倒産してしまった等、一時的に買手が不在となるような例外的なケースを除き「0円買取」とはなりません。

現在、電力を買い取っている電力会社等から買取期間終了の6ヶ月~4ヶ月前には個別通知されます。(各社通知時期は異なります)

次に、準備についてです。売電期間が終了した方は❶自家消費又は❷余剰電力の自由売電から選択することになります。期限が迫ってきて焦るのではなく、余裕を持って事前に内容を確認しておくことが大切だと考えます。
制度自体知らず、既に期限目前❕❕という方は一度、EECサポートまでお問い合わせください。いくつかの方法をご案内させていただきます。

買取期間満了後の選択肢

EV車や蓄電池、エコキュートなどと組み合わせて

1自家消費

小売電気事業者などに対し相対・自由契約で
(今までの売電先と契約を継続する事も可能です)

2余剰電力を売電

1自家消費

蓄電池を導入し、自給率UP!

家庭用蓄電システムを導入し、太陽光発電システムの余剰電力を蓄え、発電のしない夜間に放電させます。
近年ではAI機能を搭載した機種が登場し、気象予報や、各ご家庭での電力需要・発電予測等を分析・学習し、最適なタイミングで充放電をしてくれるため、太陽光発電・蓄電システム全体のより効率的な運用が可能となりました。
ご提案~工事までEECサポートにお任せください!

蓄電池のラインナップをCheck!

自動車の動力や、エコキュートなどの電力として使用

今まで深夜の時間帯にお湯を沸かしていたエコキュートを、発電している昼間に沸かし、なるべく太陽光発電システムからの電力が余らないように使います。
その他に、プラグインハイブリッド車(PHV、PHEV)や、電気自動車(EV)の充電に使用します。また、V2Hと組み合わせれば、車が超大容量の蓄電池に早変わり!
災害にも強い最強の組合せとなります。
V2Hとは・・・「Vehicle to Home」の略で、クルマに蓄えた電気を家で使う仕組み
ご提案~工事までEECサポートにお任せください❕❕

エコキュートのラインナップをCheck!

V2HシステムをCheck!

2余剰電力を売電

買取をしてくれる小売電気事業者に対し、相対・自由契約で余剰電力を売電

従来の売電先に継続して買い取ってもらうか、新たな売電先を見つけ新規申込契約をするか選択するこができます。
なお、継続の場合でも別途申込が必要なプランもありますので、事前に売電先へご確認下さい。
今後、様々な事業者から様々なプランが発表されると予測されますので、期間満了までに、ご家庭の希望に合うプランを見つけましょう。

売電可能な電気事業者をCheck!

経済産業省資源エネルギー庁「どうする?ソーラー」より

EECサポートでは、蓄電システムと組み合わせた
災害に強い家づくりを応援しています。

停電のメカニズム

豪雨、台風、地震といった自然災害による大規模停電が記憶に新しいと思います。
実際に停電を経験された方の多くは「自分の家は大丈夫」だと思っていたそうです。
本当に私の家だけは大丈夫なのでしょうか・・・?
いま一度、停電の原因を確認してみて下さい。どこのお宅でも「停電」は起こりうるのです。

停電を引き起こす主な原因

台風や大雨、落雷による影響

倒木や土砂崩れ、飛来物などによって電線・電柱が破損すると停電になります。
また、雷が送電設備に落ち、破損した場合も同様です。
土砂崩れにより道が塞がれてしまうと復旧に時間がかかり、停電の長期化につながります。

積雪による影響

電線そのものや、樹木などに雪が積もり電線に接触することで停電になります。
また、雪が融けると、土砂崩れや倒木が発生し、道が塞がれてしまうと、復旧に時間がかかり停電の長期化につながります。

地震による影響

地面の液状化や家屋倒壊等の影響で電柱や電線、また、地中に埋めてある設備が損傷すると、停電が発生します。
倒壊した建物や土砂崩れ等によって道が塞がれてしまうと、復旧に時間がかかり停電の長期化につながります。

火災による影響

火災により送電設備が破損すると、停電になります。また、火災現場周辺では消防の指示に基づき、安全な消火活動のために緊急で停電させることがあります。

鳥の営巣等による影響

鳥が電柱に巣を作ると、木の枝や針金などが電線に接触し、停電の原因になります。
電柱にとりの巣を見かけた際は、管轄の電力会社へ連絡し、停電になる前に撤去してもらいます。

車両事故による影響

自動車等が電柱・路上機器等に衝突し、送電設備が損傷すると、停電になります。
また、地面を掘削する工事の際、重機が地中に埋めてあるケーブルを損傷させてしまったり、クレーン等が送電線に接触してしまったりすると、停電が発生します。

工場等の設備トラブルによる影響

多くの電気を使用する工場・ビル等で、設備のトラブルが発生した場合、変電所が自動でそのトラブルを感知し、この変電所から電気を送っているエリア一帯を停電させることがあります。

導入までの流れ

「太陽光発電システムを導入するためには何をすればいいの?」
「設置場所に不安があるけど大丈夫でしょうか?」
まずはお気軽にご相談ください。

上記にあげた【停電を引き起こす主な原因】の他にも、北海道のように火力発電所が地震により緊急停止したことが原因で長時間停電になってしまうこともありえるのです。
理由は様々ですが、万一に備えておくことは決して無駄ではありません。
買取期間が終了する皆さんは、太陽光発電システムという強い味方を既に持っています。
しかしながら、太陽光発電だけでは、一番肝心な夜間が困ってしまいます。雨の日も同様です。
大切な家族を守るためにも、この機会に是非、蓄電システムのご検討をしてみて下さい。
皆様のお宅の太陽光発電システムのご状況を把握しているEECサポートだからこそ出来る提案もございます。
先ずはお気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・無料見積もり

パナソニック
長州産業
三菱電機
京セラ
ニチコン
コネックス
NF回路ブロック
4Rエナジー